最新の相続について

代襲相続と相続の一般的効果について

banner 相続放棄は代襲原因とならず、相続放棄をしたものの直系存続には代襲相続は発生しません。
代襲者である相続人の子が死亡、相続欠格、相続廃除によって相続権を失った場合、孫が代わって相続します。
これを再代襲相続といいます。
また、代襲者は、直系卑属では延々と続くことになります。
ただし、相続人が兄弟姉妹の場合には代襲者は、甥姪までとなり、大甥大姪の再代襲相続は認められていません。
また、相続人が直系尊属の場合、代襲相続とはいわないようです。
また、相続により相続人は原則として被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します。
しかし、例外もあります。
それは、一身尊属的権利や祭祀に関する権利などがあるとされています。

none

相続の関連情報はこちら

相続においての一身尊属的権利をみていきます。
相続人の一身尊属的権利は、相続が発生しても承継さ

相続の一般的効果の例外と共同相続について

相続分とは、相続人の相続財産に対する分け前の割合や数額のことで、普通は、その割合をいいます。

相続分について

法定相続分というのを見ていきます。
遺言による相続分の指定がない場合は、法定相続分によることに

相続分や寄与分について